OBR2血戦期開始前コラム
05/04/04
 聖戦期が終了し、生き残っている生徒はあと六人。
 数々の戦いを潜り抜けてきたファイナリスト達の能力をデータ化してみたので、血戦期が始まる前にそれぞれおさらいしてみよう。

春日千秋(女子三番)
〜悲しみを乗り越え成長した主人公〜
殺害人数:0
武器:鉄パイプ
体力
知力
精神力
残虐性
戦闘技術
人情
身体能力面においては、特別優れているとは言いがたい。しかし親友たちの死を乗り越えるたびに培われてきた心の強さは評価に値する。
これから先に繰り広げられるであろうラストバトルにおいて、おそらく精神の強さは必要になってくるため、彼女のそういった長所を存分に発揮してもらいたいところ。
気になるのは身体の疲労か。大きな負傷は無い。
一緒に行動している比田圭吾や蓮木風花といった仲間の存在が心強い。


比田圭吾(男子十七番)
〜力強き肉体で盟友たちを守る剣士〜
殺害人数:0
武器:妖刀紅月
体力
知力
精神力
残虐性
戦闘技術
人情
鍛えてきた肉体の強さは、現在の生存者の中どころか、もとよりクラス内の何者をも寄せ付けないほどだった。そのうえ刀を使った戦闘技術にも長けており、真っ向からの白兵戦なら負ける事は考えにくい。
しかしプログラム開始からほとんど休息を取っていない彼の体力が、あとどれだけもつのか気になる。
また、銃器を持つ相手を前にした場合、刀で善戦できるのかどうかも怪しい所。
負傷はなし。春日千秋や蓮木風花と共に行動中。


蓮木風花(女子十三番)
〜時を越えて梅林中へとやってきた18歳〜
殺害人数:1
武器:デザートイーグル、簡易レーダー
体力
知力
精神力
残虐性
戦闘技術
人情
他の生徒よりも三年長く生きているという経験の違いは大きく、頭脳は誰よりも優れた武器だと言っても過言ではない。冷静な判断を続ける事が出来さえすれば、危険を掻い潜りながら目的を果たす事も不可能ではないはず。
所持している武器も申し分ないが、血液を多く失って体調不良に陥ってしまっている点は気掛りか。
春日千秋や比田圭吾と共に、脱出計画を進めている。


土屋怜二(男子十二番)
〜復讐鬼を止める鍵を握る男〜
殺害人数:0
武器:なし
体力
知力
精神力
残虐性
戦闘技術
人情
クラブ活動で培ってきた身体の能力は高い。比田圭吾と同じく真っ向からの接近戦では有利な戦いができそうか。
武器を何一つとして持っていない。休み無しで行動し続けてきたためにおそらく疲労が溜まっている。などなど気がかりな事は多い。
御影霞を単独で探し回っている彼だが、信頼を抱く比田圭吾たちと出会う事ができれば、おそらく手を組む事になるのではないか。そういう意味では、彼が一番会ってはならない人物とは白石桜と言えるのかもしれない。


御影霞(女子二十番)
〜被災者達全員の殺害に燃える白き夜叉〜
殺害人数:11
武器:キャリコM950サブマシンガン、ジェリコ941、グロック19、ナタ、麻酔銃、ホワイトデビル
体力
知力
精神力
残虐性
戦闘技術
人情
復讐に燃える彼女の残忍性はクラス一。それでいて、トレーニングを兼ねて行われたリハビリで、体力は被災する前よりも上がっているので、彼女を相手にした者はただではすまないかもしれない。
強力な銃器を多く持っているだけでなく、ホワイトデビルというドーピング作用のある薬物で身体を今後更にパワーアップさせる可能性もある。
彼女を止める手はあるのだろうか。


白石桜(女子十番)
〜人を殺める為だけに動く意志無き殺人機械〜
殺害人数:6
武器:Vz61スコーピオンサブマシンガン、HK69グレネードランチャー、ビーコン、防弾チョッキ
体力
知力
精神力
残虐性
戦闘技術
人情
???
???
???
精神に障害が生じていているために、彼女の思考が関わってくるパラメーターの数値は計測しようが無い。
体力はそれほどでもないが、湯川利久に教え込まれた殺人術には恐ろしいものがある。人を殺すためだけに行動している彼女に近付く事は危険でしかない。
他の生存者たちとは違い、一箇所に留まって動かなかった時間が長かったためか、疲労している様子は全く見られない。
トップに戻る



広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー